せまないボキャ貧日記

通勤時間を有効なアウトプットに使う、社会人一年目の日記。柴崎岳に似てたり似てなかったり @yudoism162

就活成功者でブラック勤務者の就活体験記1〜成功の秘訣〜

退勤なう〜。

 

どうも黒津です。

 

まぁ、ブラックの定義なんて人それぞれやし、今の1年目の人らに比べたら、私はブラック企業勤めですけど、周りを見渡せばもっと黒い人なんかいっぱいいるし、ネタでブラック言ってるけど、普通にうちはグレーってところやと思います。

 

 

はい、今日はそんなブラック勤務者の就活成功の秘訣を教えたいと思います。

 

 

 

 

私は、今の会社は第一志望(群)でしたし、内定も5月には貰ってたし、何より就活を楽しんでいたので就活成功者と呼べるのではないでしょうか。

 

そんな私が、これから就活を行う学生の人や、就活を回顧したい人達に私は就活でこのようにして成功しましたよ〜ってことと、今になって思う私の就活のモヤモヤを少し書いていこうかなと。

 

 

 

就活に必要なことは、2つと言われてますよね。

 

 

自己分析と企業研究

 

 

ほんまにそうですよ。私の場合はちょっと言葉変わるねんけど、大きくはこのふたつです。

以下で解説します。

 

 

 〇身の丈に合った目標設定

自分の身の丈にあった目標を建てるには自己分析は必須。

この企業なら入れそう。入っても自分のレベルがそこの平均レベルに達しているってことを見極めること。だからネームバリューに惹かれていい所ばっかり受けちゃダメやで。ちゃんと自分のレベルを認識すること。これ重要。

 

そして、第一志望を広く持つこと。こうすることで、1つ第一志望が落ちてもダメージがそこまで大きくない。1つの企業にかけてる人で、そこ落ちて病んでる人何人も見てきました。

 

 

〇企業に合った自分を作り上げる

企業研究は受験と一緒。ある程度情報を詰め込む。そして、自分の感情と結びつける。これはほんの少しの感情でも企業とマッチする部分があればその感情を自分の中で大きいように作り上げる。だから決して、自分の中で1番大きい感情じゃなくても良い。

私の場合は、人のお困り事を解決したいっていうソリューションの気持ちをめっちゃくちゃ大きく見せた。

 

 

あとは、多くの企業を受けて、数をこなせば、面接も慣れて簡単に内定もらえます。

 

 

結果、これで第一志望受かったし、めっちゃ楽しんだし後悔は無いんですけど、この就活って、企業の人には嘘ついてないけど、めっちゃ自分に嘘をついた感ありますよね。ゲームやと思えばその時は全然いいんやけど、どうしても、入ってからの企業とのミスマッチが1部起きてしまう。

 

今会社辞めたいとは思わんけど、一生働ける環境か?って聞かれたら、頷けないですよね。

 

 

これから就活って人が自分の就活について見つめ直すきっかけにでもなればと思います。

 

(15分12秒)