せまないボキャ貧日記

通勤時間を有効なアウトプットに使う、社会人一年目の日記。柴崎岳に似てたり似てなかったり @yudoism162

無料サービスの質が上がりすぎて既存サービスがオワコンになってる

こんちゃ!

お盆休みが続く人と、終わる人で明暗別れそうな木曜日ですが、皆さんはお元気ですか?


私は明日からの仕事に絶望しております。







はい、今日は、無料コンテンツが既存有料コンテンツよりもイケてるってるよね?って話の続きです。





一応
この記事の続編的内容ですので、そっちも見てもらえると嬉しいです。
nandeoresematsu.hatenablog.com



今回はふたつの無料(違法)サービス「漫画村」と「MUSICFM」についてあげていきたいと思います。

漫画村」と「MUSICFM」、言わずとしれた、違法無料コンテンツですね。
大きな声では言えないけど、多くの人が使ってますよね。しらんけど。


2つのサービス、後者の方はAppleミュージックなどのストリーミング配信の台頭で最近は利用者が減ってきてるような気はしますけど、前者に関しては、Appleミュージックみたいな読み放題サービスはあまり普及しておらず、まだまだ第2の漫画村が台頭してくる可能性を秘めているんじゃないかな、と個人的には思ってます。



なぜ、このような無料コンテンツを、違法と分かりつつも利用してしまう人がいるのかというと、
結局、既存の有料コンテンツがヘボいからだと思ってます。


今、Appleミュージックとかも邦楽が充実しつつあるけど、ラインナップの充実のさせ方がなんか中途半端。再生プレイヤーの使い勝手の悪さもプレイリストの並び替えが出来ないところもすごい気になる。


マンガの読み放題サービスとかはもっと酷い。
〇〇冊が、月〇〇円で読み放題!!!とかいう煽り文句でやってるサイトとかアプリの中に、読みたい漫画があった試しがない。



方や、違法の無料コンテンツは、聴きたい・読みたいもののラインナップは大抵揃ってるし、更新も早い。明らかに需要を捉えてるのはこちらのサービス。


著作権とか、事務所の垣根ガーみたいな煩わしさがない、違法サイトとはいえ、これらの無料コンテンツの方が世の中の需要に、よりマッチしたものを供給している。



だから、漫画村が閉鎖されても、全く充実していない読み放題サービスに人が流れることは無いし、また、第2の漫画村が出現すると思います。(漫画村自体もfree booksの後釜やしね)



無料コンテンツの繁栄により、音楽業界やマンガ業界の衰退ガーとか言う前に、今の有料コンテンツを、もっと洗練させていけば、違法っていう後ろめたさ無しに使えるってことで、
客も流れてくるんじゃないですかね!?って思うわけです。


全然まとまらんかったけど、
次回は、有料コンテンツもっと充実させろや!ってことをより膨らませて書きます。


(14分49秒)

世の中理不尽だらけ

おはよう。

朝投稿は、ギリ昨日の分の投稿ということで、許してください。朝津です。

で、前記事の続きでもなんでもありません。
ご了承くださいませ。




今日は、色んな人の仕事の話聞いて、
なんか世の中理不尽とか多いな〜って感じたので、この感情をたれ流そうかなと。


なんか日本の会社って、パワハラとかが当たり前すぎるのが悲しいです。

友人Aは出世コースだけどパワハラがえぐい
部署になったとか言ってたし、
友人Bは会社で定められた自由に取れるはずの休暇が、上司が気に食わへんからってことで、上司の休みの日に合わせなあかんとか、
ほんましょーもない因習みたいなんが蔓延してるのがまじで日本の会社いややな〜って思います。

他にも栄養士系の友人とかは、お局とか、上司の性格が悪すぎて、既に新卒が辞めたって所もあるらしいし、ほんまに人をいじめたり、怒ったりすることでストレスを発散する人がいなくなったらいいなと思いました。

とりあえず、やり切れないので、吐き出すだけ吐き出しときます。

私は、しょーもない人にならないように、日々自己研鑽に励みたいと思います。

今日は、こんなもんで。
ばいちゃ。

(11分4秒)

GLNET消滅からみる高校生バンドの衰退可能性

おはようございます〜

夜になると、寝落ちしそうになるので、今日は早めの投稿です。

 

お盆休みしっかり休んで、遊びましょね。

 

 

 

はい、今日からのテーマは、無料コンテンツの方が既存のサービスよりも質が良いし、需要を捉えてるよねって話。

構成の段階で長くなりそうだったので、3日に分けて書こうかなと。

 

1日目は、バンドスコアサイト「GLNET」消滅に関する学生のバンド文化の今後を考察。

2日目は無料コンテンツが既存有料コンテンツよりも質が良いってのを他の例をあげて提唱する話。

3日目は、無料やけど、違法なコンテンツの繁栄ってのはいい事じゃないとは思ってます。なら、既存コンテンツがどうあって欲しいかって言うのを、個人的見解で述べたいなと。

 

 

 

 

 

この記事を書こうと思ったきっかけが、「GLNET」っていうバンドスコアが無料で見れたサイト。

久々にベースしたくて、「GLNET」を開くと、そのサイトが無くなってました。割と衝撃でした。

 

 

「GLNET」は、流行りの曲や、新しい曲のバンドスコアが見れるサイトで、パート別表示が出来たり、MIDIのデモ音源が聞けたりで、初心者も中級者以上の人も重宝してたバンドスコアサイトでした。私も、高校・大学とずっっとお世話になってました。

 

 

もちろん紙楽譜だったら、上記のようなことは出来ないし、値が高いし、メンバーに共有する時もコピーして、受け渡して…っていう作業が入ってくるし、「GLNET」の方がコンテンツとしては優秀だと考えています。

 

だからこそ、多くの高校生・軽音サークル所属者が無料のGLNETを使っていた。そんな「GLNET」が閉鎖されてしまうと、何が起きてしまうのか…。

 

こっからは、超個人的見解なのですが、

学生バンド文化の衰退に繋がると考えています。

 

というのも、バンドを始めたい人にとって「GLNET」のようなお手軽バンドスコアサイトが無いと、わざわざ高〜いバンドスコアを買ったり、耳コピして自分弾くようにしたりするほどの手間や金はかけたくないと思うんですよね。

 

結果バンドへの参入障壁が高くなる。

 

多分本気で外バンとかやりたい〜って人はそんなこと無いんやろうけど、今回衰退すると考えているのは、サークルバンド文化とか、文化祭バンド文化の方。

 

私は、どちらかといえば、ガチバンドってよりかは、緩いバンド畑で育ってきたし、そういう上手じゃなくても、とても充実してる、感動する感じのバンド文化が好きだったので、この、文化が衰退して欲しくはないんですよ。

 

 

ちょうど私の代が高校2.3年くらいの時に「GLNET」が広がり始めたと思うのですが、やっぱり、私よりも上の代よりも、下の代の方がバンドやる人多かったし、これは割と、「GLNET」の広がりが大きかったのではないかと考えています。

 

だからこそ、「GLNET」閉鎖によってバンドを始める人が減ってしまう可能性っていうのを、危惧してしまいます。

そもそも、楽器自体が高くて、それだけで参入障壁になってるのに、他の要因で、せっかく低くなってきた参入障壁が高くなって欲しくないなと思っています。

 

 

 

 

じゃあどうあってほしいかっていうのは、3日目に述べるとして、次回は、無料コンテンツの方が既存有料コンテンツよりも需要を捉えてるっていうのを別のジャンルにも広げて述べようかなと思ってます。

 

長くなってしまった。

良かったら次も見てください。

アデュー

 

(26分39秒)

 

 

部屋を綺麗にしとかないと心が荒む

こんばんは。

 

昨日は、琵琶湖で泳いだり、久々に学生みたいな飲み会をしたりして、今朝は若干体が重かったので、今日一日は完全オフにしてゆっくり体を休めることにしました。

 

皆さんは、お盆休み、おばあちゃんの家に行ったりしてるのかな?

 

 

 

はい、今日は軽めの内容で、部屋掃除の時間は定期的に取った方がいいって感じた話。

 

今日は1日オフだったので、ずっっと家にいました。いつもはジム行ったり、友達と飲んだりでなんだかんだ外に出るんですけど、本当に今日はゆっくりしてました。明日香チャンネルのスーパーマリオメーカー実況めっちゃ見てもた。

 

 

で、1日寝てるだけじゃ勿体ないので、普段忙しさと、眠さで放ったらかしになってた自分の部屋の掃除に時間を当てました。

 

そしたら、当たり前やけど、すんごい部屋が過ごしやすい環境になった。

 

・裸足で歩いても、足にゴミがつかない。

・筋トレするためのスペースが出来た。

・部屋が広くなった(ように感じる)

 

などなど、表面的にも本当にいい事いっぱい。

 

 

あとは、精神的にもいい効果ありました。

 

 

普段忙しいと、服もポイ、物もポイしちゃう余裕の無い荒んでる人なんですけど、流石に綺麗な状態の部屋を前にすると、その状態を保とうとは努力するようになるのでしっかりと余裕のある行動ができるようになります。

 

そしたら、心にもゆとりができて、生活力も多少出てくるのかな〜とも思います。多分何かを綺麗な状態にするっていう行為が綺麗な行為やから、心も綺麗になるのかな〜って思ったり笑

 

 

ですので、定期的に部屋を綺麗にすることで、心を洗浄するのが生活していく上で大切なのかな〜と感じた今日の部屋掃除でございました。

 

 

皆さんも部屋も心も綺麗に保てるように、掃除とか、何かを綺麗にするって作業を定期的に行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

(12分56秒)

 

新しいことを始めることはワクワクドキドキ

お盆ぼん!

 

社会人の方は、お盆に入って夏季休暇初日って人も多くいるんじゃないでしょうか!

 

そんな私は、今日は大学時代のサークルの、メンバーと琵琶湖で毎年恒例BBQをしてきました。社会人になって皆バラバラになって、予定も合わせずらいのに、人数は15人も集まってました。

 

聞いたところ、主催メンバーの人達が個人LINEとかで皆を誘ってくれたりしてたらしいです。そういう人達の地道な働きかけのおかげで毎年BBQが開催されていると思うと、すごい事だな〜と、本当にいつも主催ありがとうと感じる次第でございます。

 

 

 

 

 

はい、ということで今日のテーマはと言うと、いくつになっても新しいことを始めるのは楽しいなって話です。

 

私本日、積立投資の口座を開設致しまして、書類が届き次第資産運用を開始するって感じです。

 

まぁ、積立投資関連の話はいつかするとして、今日は開設口座を開く時に感じたワクワクを共有したいなと思ってます。

 

 

資産運用って、元本割れは起こさないけど、利子の全くつかない銀行に貯金してお金を眠らせるよりも、元本割れしてお金が減るリスクを背負ってでもお金を少しでも増やすって感じのことができるんですよね。

 

だから、減るかもしれへんけど、どうせ使わへんお金を眠らせるくらいなら、増える可能性にかけてやってみたいな〜って思ったんですよ。

 

で、これって私の周辺の人はあんま、やってないんですよね。多分。だから、やってみて、どうなるかってのも気になるし、まだあんまり人がしてないことをやるのってめっちゃワクワクするんですよね。

 

今の現状自体も全然不満は無いねんけど、やっぱり、人生どこか刺激があった方が楽しいような気がして、やってみたいことがあるなら、やってみるのが一番かなってことで始めてみました。

 

口座開設ボタンを押すのすんごいドキドキしたけど、すんごいワクワクがいっぱいで生きてるな〜って実感しました笑

 

この感覚が気持ちよかったので、これからもどんどん何か新しいことを始めて行けたらいいなと考えてるので、何かあればどんどん発信していきたいなと思ってます!

 

それでは、皆さんヴァイ!

 

(14分20秒)

 

毎日やれば何か生まれる(!)(?)

こんばんは。

 

1日空いてしまっての更新になります。

 

言い訳をすると、

昨日の夜は出張だったんですね。

そんで、遠くまで営業に行ってたわけですね。

営業先を出たのが10時半な訳ですね。(!?)

宿に着いたのが12時なわけですね。(!?)

その日やるべき事務仕事も残ってたし、疲れてたしで寝てしまったわけです。

 

それで、昨日ブログ更新できひんかったことが、なんかめっちゃ悔しくて。仕事に追われて自分がしたいことが出来なかったことが悔しくて。

 

 

でも、そんなん言い訳なんですよね。

ほんまに。

 

 

別に軽い記事を書くことくらい出来たはずやし、疲れてた言ってもTwitter見てましたしね。

 

 

 

とういことで、これからはどんなに忙しくても毎日更新にします。

 

理由は疲れてたとはいえ、ダラダラして更新できひんかったことが悔しかったから。

 

 

結局、何も無い1日よりも、どんなにしょぼくても何かが生まれる1日にしたいんですよね。

 

 

はてなブログってアクセス解析が見れて、1日どれくらいのPV数か分かるんですよ。他にも、この、ブログを購読してくれる読者も分かるし、コメントでも反応がわかる。

 

それらを見てわかった事やねんけど、アクセス数が上がりやすいのは思想系の記事が多いねんけど、読者数が増えたりコメントが来やすい記事ってのは、腹痛いとか、お腹空いたとか、うんこのこととか話してる記事なんですよね。

 

 

普段は割と構成練ったりしてるねんけど、上記のくっそ適当に書いた記事にも反応があるわけなんですよ。何が人にとって価値のあるものなのかなんて世の中には出してみないと分からないんですよね。

 

 

 

だから、毎日やれば何かくっそどうでもいい事とかが、人にとっては価値のあるものになるかもしれないし、逆に何も生まれないかもしれない。

 

まぁ、でも何もしないよりは、やる方がいいと思うので、とりあえず毎日更新スタイルに変えようと思います。

 

寝落ちした時とかは、朝に投稿するから許してね…笑

 

じゃあ、皆さんグッバイ。

(13分2秒)

小学生時代のバカにされない為のうんこ戦略

こんばんは。

一向にお腹の調子が万全になる気配は無いので、毎日飲むヨーグルトを飲んでお腹を整える日々を過ごしております。

セブイレの飲むヨーグルト(プレーン味)は最強。

 

 

はい、ということで、今日はちょっと汚いけど、トイレキャラである私のエピソードを少し記そうかなと。

 

トイレキャラっていうか、うんこキャラやな。

生まれてこの方、ずーっとこのキャラをやってます。私は、昼ごはんを食べた直後は絶対トイレに行かないとダメなんですよね。もうそういう体質なんですよ。

そんな私の、学生時代から今に至るまでのトイレエピソードをこれからいくつか書いていけたらな〜と思っています。

 

今日も特に生産性は無いとは思うんやけど、

うんこキャラを公に書き示してた人ってあんまおらなさそうやから、とりあえずやってみるってやつですね。

 

 

 

 

本日は小学生時代編です。

 

小学生時代は1番学校でうんこすることに対する風当たりが強かった時代ですね。昼休みにうんこしようものなら、ヤンキー候補のガキンチョ君が扉をよじ登って覗いてくる。そんな時代。そんな時代にも私は周囲の逆風に負けずに、トイレに駆け込んではうんこをしてました。

 

 

ではどのようにして、そのような時代を乗り切ったのか。それには、幼いながらに考えられた戦略があったのです。

 

 

結論から言うと、私は、ヤンキー候補くん達が絶対来れないタイミングを見計らってトイレに行っていたのです。

そのタイミングとは…給食の時間中です。

 

 

私の学校では給食の時間は基本的には、時間が来るまでは教室からは出れませんでした。ですので、ヤンキー候補君達が教室から出てくることは無かったのです。

それじゃああなたも出れないんじゃない?って声が聞こえてきそうですがノンプロブレム。

 

 

私は、給食委員をしていたのです。

給食委員は、運ばれてくる食器の片付け準備を行わなければいけないので、給食室に向かうために教室を早く出る権利を持っていたのです。

 

したがって、ヤンキー候補君達はおろか、他の学生も教室から出ることが叶いませんでした。さらに、給食室の近くにあるトイレは普段滅多に人が通らない場所にあったので、かなりの安全度を誇っておりました。

 

そんな給食室近くのトイレに行き、皆が給食を食べ終わるまでに用を足せば、誰にもバレずにうんこをすることが出来たのです。

 

給食委員になったのはたまたまとはいえ、自分の直面している環境を最大限に使いこなし、うんこをしていた私はかなりのうんこマスターだったなと感じる次第でございます。

 

 

それでは次回があるかは分からんけど、次のトイレ回お楽しみに!

 

(11分41秒プラスα途中で寝ちゃったので計測あやふや)